管理データ

流入水量について

平成28年度処理状況

処理状況
年間総処理水量13,542,750m3
日平均処理水量37,103m3
脱水汚泥発生量3,789.6 t
コンポスト生産量1,428 t
消化ガス発生量1,422千m3
消化ガス発電量1,239千kwh
平成28年度月別処理水量

 

 

処理水量と発生汚泥量の経年推移

水質分析について

家庭や事業所から流れてきた下水は、浄化センターの様々な工程を経て浄化され、石狩川へ放流されます。
水の汚れの程度を表す指標として「BOD」と「SS」という数値が使われます。これらの数値が浄化センターで処理される前と処理されて後でどのように変化するか比較しています。
表のように「BOD」 「SS」ともに良好に除去されています。

流入BODと放流BODの比較

BOD (Biochemical Oxygen Demand:生物化学的酸素要求量)とは・・・下水中に含まれている有機物(汚れの原因)のことで、この数値が大きいほど水が汚れています。

流入SSと放流SSの比較

SS (Suspended Sulid:浮遊物質)とは・・・下水中に含まれている小さな固形物のことで、この数値が大きいほど水は汚れています。

放流水の有害物質の含有量

浄化センターで処理された水は石狩川に放流され、この後も色々な形で利用されます。このため、定期的に放流水の有害物質の含有量をチエックしています。
 (平成28年度実績)
項  目単位基 準 値定量限界測 定 日
7月6日1月11日
アルキル水銀㎎/l
検出されない
0.0005
不検出不検出
総水銀㎎/l
0.005
0.0005
NDND
カドミウム㎎/l
0.03
0.003
NDND
㎎/l
0.1
0.01
NDND
有機リン㎎/l
1.0
0.1
NDND
六価クロム㎎/l
0.5
0.05
NDND
シアン化合物㎎/l
1
0.1
NDND
ヒ素㎎/l
0.1
0.01
NDND
PCB㎎/l
0.003
0.0005
NDND
フェノール㎎/l
5
0.5
NDND
㎎/l
3
0.01
NDND
亜鉛㎎/l
2
0.05
NDND
全クロム㎎/l
2
0.05
NDND
フッ素㎎/l
8
0.8
NDND
鉄(溶解性)㎎/l
10
1.0
NDND
マンガン(溶解性)㎎/l
10
1.0
NDND
ホウ素㎎/l
10
1.0
NDND
ノルマルヘキサン抽出物質㎎/l鉱 油  5
動植物油30
0.5
0.5
NDND
トリクロロエチレン㎎/l
0.1
0.01
NDND
テトラクロロエチレン㎎/l
0.1
0.01
NDND
ジクロロメタン㎎/l
0.2
0.02
NDND
四塩化炭素㎎/l
0.02
0.002
NDND
1.2-ジクロロエタン㎎/l
0.04
0.004
NDND
1.1-ジクロロエチレン㎎/l
1
0.1
NDND
シス-1.2-ジクロロエチレン㎎/l
0.4
0.04
NDND
1.1.1-トリクロロエタン㎎/l
3
0.3
NDND
1.1.2-トリクロロエタン㎎/l
0.06
0.006
NDND
1.3ジクロロプロペン㎎/l
0.02
0.002
NDND
ベンゼン㎎/l
0.1
0.01
NDND
チラウム㎎/l
0.06
0.006
NDND
シマジン㎎/l
0.03
0.003
NDND
チオベンカルブ㎎/l
0.2
0.02
NDND
セレン㎎/l
0.1
0.01
NDND
 1.4-ジオキサン㎎/l
0.5
0.05
NDND
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸㎎/l
0.05
0.0001
--
ダイオキシン類pg-TEQ/l
10
10
-0.00073
(ND:定量限界値以下)