石狩川流域下水道組合とは

石狩川流域下水道組合は、石狩川流域下水道の管理運営に関する業務と、し尿処理施設の設置及び管理運営に関する業務を共同処理するため、中空知地区6市6町で構成される一部事務組合です。

石狩川流域下水道

北海道の中央に位置する石狩川の中部処理区を計画の対象として、合理的な公共投資や都市の生活環境整備とともに、石狩川の水質保全を図り、併せて地域の水資源を保護するものです。

行政に密接な関係にある中空知地区の6市4町(芦別市、赤平市、滝川市、砂川市、歌志内市、美唄市、奈井江町、新十津川町、上砂川町、浦臼町)と北海道は、行政区域にとらわれないで、自然の地形を利用し、石狩川の流域を単位とする広域的な下水道、石狩川流域下水道を計画しました。

流域下水道により、構成市町に設置された公共下水道から流れてくる汚水を集め、奈井江浄化センターで一括してきれいな水に戻し石狩川に放流しております。こうすることで各市町が個々で処理するより経費が掛からず、より高度な浄化処理が可能となりました。

北海道石狩川流域下水道計画一般図
図面をクリックすると拡大して表示されます

し尿共同処理

浄化槽汚泥等受入施設を設置し、平成27年度から石狩川流域下水道の6市4町に雨竜町、月形町を加えた6市6町から発生するし尿等の受け入れを行っております。
従前6か所の処理施設で行っていた し尿処理業務を一か所に集約して行うことで、経費の削減が図られております。

石狩川流域下水道組合

石狩川流域下水道は、下水を処理する浄化センター及び管渠の施設は北海道により設置され、これらの施設の管理・運営は石狩川流域下水道組合(一部事務組合)により共同運営されています。

また、平成27年からは構成する6市6町から発生するし尿及び浄化槽汚泥の共同処理を行っております。

石狩川流域下水道組合組織図