奈井江浄化センター

下水道の種類

一般的に「下水道」と呼ばれるものには、幅広い意味がありますが、下水道法でいう下水道は、下記の分類図の赤文字部分を言います。

公共下水道

主に市街地における下水を排除し又は処理するために、地方公共団体が管理する下水道で、終末処理場を有するもの又は流域下水道に接続するものです。

公共下水道のうち、終末処理場を有するものを単独公共下水道、流末を流域下水道に接続するものを流域関連公共下水道といいます。

公共下水道のうち市街化区域以外の区域において設置されるものを特定環境保全公共下水道といいます。特定環境保全公共下水道には、自然保護下水道、農山漁村下水道、簡易な公共下水道があります。

また、特定の事業者の事業活動に主として利用され、事業活動によって生じる公害の発生の防止ないし除去を目的とするものを特定公共下水道といいます。

流域下水道

河川や湖沼、海域等の公共用水域の水質環境基準の達成並びにそれら流域における生活環境の改善等を図るため、2以上の市町村の区域にわたり下水道を整備することが効率的かつ経済的な場合があります。流域下水道はこのような区域のうち特に水質保全が必要とされる重要水域を対象として実施している根幹的な下水道施設です。

施設は幹線管渠、ポンプ場、終末処理場より構成されて、その設置、管理は原則として都道府県が行います。また、市町村は計画区域内の下水を排除するために、流域幹線管渠に接続する枝線管渠からなる流域関連公共下水道を設置、管理します。

都市下水路

主に市街地内の雨水や雑排水の排除を目的として整備されるものです。

その他の下水道施設

農村や漁村地域の生活排水処理施設や集合処理ができない地域では合併浄化槽が設置されます。

下水道の役割

下水道は、時代の変化とともにさまざまな役割を担っています。

生活環境の改善

下水道が整備されると汚水が速やかに排除され、蚊・ハエ悪臭等を防ぎます。

安全なまちづくり

都市内の浸水の防除(内水対策)も下水道の大事な役割です。

公共用水域の水質保全

河川・湖沼等公共用水域への流入汚濁負荷を削減し、水質を改善します。

下水道資源の有効利用

省エネルギー、リサイクル社会の実現に向けて、下水処理水や汚泥等の資源を有効利用します。

うるおいのある水辺の提供

雨水・下水処理水の再利用や親水性のある水辺空間の整備等により、良好な水辺空間を提供します。

事業のあゆみ

事業のあゆみ
昭和49年12月石狩川流域下水道事業中部処理区都市計画決定
昭和50年 1月石狩川流域下水道事業中部処理区下水道法認可
昭和50年 2月流域下水道事業着手・処理場用地買収
昭和53年 7月奈井江浄化センター工事着手
昭和61年 3月中部1号幹線供用開始(滝川市、砂川市、奈井江町供用開始)
昭和62年 2月中部2号幹線供用開始(滝川市の一部)
平成元年 7月中部4号幹線供用開始(美唄市の一部)
平成 2年 3月中部2号幹線供用開始(赤平市供用開始)
平成 4年 8月中部3号幹線供用開始(歌志内市供用開始)
平成 4年 10月中部2号幹線供用開始(芦別市供用開始)
平成 5年 6月雪処理施設工事着手
平成 5年 7月汚泥調整棟供用開始
平成 8年11月中部5号幹線供用開始(新十津川町供用開始)
平成13年 3月中部6号幹線供用開始(上砂川町供用開始)
平成14年 3月中部7号幹線供用開始(浦臼町供用開始)
平成14年 3月6市4町の供用開始祝賀記念式典開催
平成16年 3月新設コンポスト棟完成
平成21年 4月消化ガス発電設備 運転開始
石狩川流域下水道概要図
石狩川流域下水道概要図

事業計画概要

1.計画概要一覧

 全体計画認可計画
計画区域面積7949.1ha6567.6ha
処理人口120870人124830人
処理水量67202/日65166/日
幹線管渠82.03km82.03km
計画年次 昭和49~平成23年度
ポンプ場8ヶ所8ヶ所
排除方式分流式(一部合流式)
関連市町芦別市・赤平市・滝川市・砂川市・歌志内市・美唄市 奈井江町・新十津川町・浦臼町・上砂川町
事業主体北海道
新十津川中継ポンプ場
新十津川中継ポンプ場

2.管渠調書

処理区名称管渠ルートの名称起点終点最大・最小寸法(mm)延長
中部処理区中部1号幹線奈井江町字茶志内滝川市黄金町2丁目2,400~1,00025,110m
中部2号幹線滝川市中島町芦別市上芦別町1,650~30032,140m
中部3号幹線砂川市北光歌志内市文殊600~3007,410m
中部4号幹線奈井江町字茶志内美唄市字上美唄原野1,200~1,2002,880m
中部5号幹線滝川市中島町新十津川町字中央600~2501,250m
中部6号幹線砂川市西3条上砂川町字中央500~4507,940m
中部7号幹線奈井江町字奈井江浦臼町字本町300~1505,860m
82,590m
トンネル工法(NATM)自然流下部
トンネル工法(NATM)自然流下部
芦別川水管橋
芦別川水管橋

3.処理施設概要

名称石狩川流域下水道奈井江浄化センター
敷地面積46.95ha
処理方式標準活性汚泥法
流入予定水質BOD 230 mg/l   SS 180 mg/l
放流予定水質BOD  15 mg/l以下 SS  30 mg/l以下
第2放流ポンプ棟(雪処理施設)
第2放流ポンプ棟(雪処理施設)

奈井江浄化センター配置図

浄化S配置図

奈井江浄化センターのしくみ

フローチャート

naie_shikumi

目次

目次の項目をクリックすると説明に移動します。

フローチャートをクリックすると拡大表示します。

PDFでダウンロードしてご活用ください。

浄化センターのしくみ

処理場には下水を処理する水処理施設、残った泥を処理する汚泥処理施設、そしてコンピューターによる監視や水質分析などの管理施設があります。処理場は365日、24時間休むことなく運転しています。

中央監視センター
中央監視センター
水質分析室
水質分析室

沈砂池

家庭などから流れてきた下水は、この池に入ります。重たい土砂類を底に沈め、大きなゴミをスクリーンによって取り除きます。ここを通った下水は、ポンプにより最初沈でん池へ送ります。

主ポンプ
仕様
立軸斜流渦巻ポンプ
φ300×13m3/分×21.0m ×75kw×2台
φ500×30m3/分×22.0m×160kw×3台

 

仕様 幅2.0m×長12.0m×有効水深1.15 m×3池

最初沈でん池

この池では下水をゆっくり流し、浮いている小さなゴミやどろを沈でんさせます。底にたまっているどろ(汚泥)は、汚泥処理施設へ送って処理します。

最初沈でん池
仕様 幅5.8m×長26.95m×有効水深2.6m×10池

ばっき槽

ここでは下水に活性汚泥(微生物を含んだどろ)を加え、空気を吹きこんで長時間かきまわします。
微生物は酸素の力をかり、下水中にとけている有機物を栄養分として吸収、繁殖し、沈みやすいかたまりになります。

ばっき槽1
ばっき槽2
仕様 幅5.8m×長26.95m×有効水深2.6m×10池

最終沈でん池

この池では、沈みやすいかたまりになったどろ(活性汚泥)を底に沈め、うわずみの水だけを混和池へ流します。また、池の底に沈んだ活性汚泥の一部はばっき槽に送り返し、残りは最初沈でん池から出た汚泥とともに汚泥処理施設へ送って処理します。

最終沈でん池
仕様 幅5.8m×長42.6m×有効水深2.7m×10池

塩素混和池

次亜塩素酸ナトリウムを注入し、殺菌して石狩川に放流します。また、処理水の一部は雪処理施設で利用します。

塩素混和池1

放流ポンプ
仕様
立軸斜流ポンプ
φ600×50m3/分×8.0m×140ps×2台

塩素混和池2
仕様 幅2.3m×長109.9m×有効水深3.0m×1池

汚泥濃縮槽

沈でん池の底にたまった汚泥は、汚泥濃縮槽に送られます。ここでは汚泥を更に沈でんさせ、濃度を高めます。

汚泥濃縮槽
仕様 円形シックナー 中心駆動汚泥掻寄機付幅$nbsp;内径10.5m×有効水深4.0m×0.75kw×2池

汚泥消化槽

濃縮された汚泥を酸素のない状態で30日間滞留させます。汚泥は微生物の働きで分解され有機物が約半分になります。その際メタンガスを主成分とする消化ガスを発生します。そのガスは、槽内を37度に暖める燃料となり有効利用しています。

汚泥消化槽1

仕様
乾式ガスホルダ
有効容量 2,000m3×2槽

消化ガスを一時的に貯留し、燃料として常に安定した量を確保します。

汚泥消化槽2
仕様 嫌気性加温式2段消化
第1消化タンク 有効容量 3,900m3×2槽
第2消化タンク 有効容量 3,900m3×1槽

汚泥脱水機

汚泥に高分子凝集剤という固めるための薬を入れ、強い圧力をもつローラーでろ過します。泥状の汚泥は脱水ケーキというかたまりになります。

汚泥脱水機1

脱水ケーキには窒素やリンという栄養が含まれているので、緑地や畑で使われます。

汚泥脱水機2
仕様 ベルトプレス脱水機 ろ布幅 3.0m×3台

下水道整備状況

(平成28年度末計画)
構成市町名行政区域内人口(H27年度末見込み)普及率(%)(H28年度計画)水洗化率(%)(H28年度計画)
芦 別 市14,70484.185.1
赤 平 市10,96681.986.9
滝 川 市41,53092.893.6
砂 川 市17,71293.897.5
歌志内市3,60093.393.5
美 唄 市23,46379.295.5
奈井江町5,98190.788.3
新十津川町6,96765.192.3
上砂川町3,35293.875.4
浦 臼 町2,06660.182.8
合  計130,34186.592.1
普及率 (%)  = 下水道整備区域内人口/行政区域内人口 水洗化率 (%) = 水洗化人口/下水道整備区域内人口